購入する

家庭料理技能検定公式ガイド1級・準1級・2級 実技試験編

家庭料理技能検定1級・準1級・2級の実技試験の出題範囲にあわせて、正しい手順、合格のためのチェックポイントや写真による合否の基準をわかりやすく解説します。調理技術の目安は、2級は「自分の食事(一食の献立)を正しく作ることができる」、準1級は「家族等の日常の食事一食を作成できる」、1級は「日常からおもてなしまで、対象者に応じた目的別の食事を作ることができる」として、2級と準1級には「切る」「むく」「魚をおろす」などの基礎技術も試されます。合格のための基準、どんな練習をすればいいかがよくわかる公式ガイドです。

【家庭料理技能検定】は、級ごとに対象を小学生向けから社会人向けまで幅広く設定しています。「公式ガイド」は、「5級」「4級」「3級」「1級・準1級・2級筆記試験編」」「1級・準1級・2級筆記試験編」を刊行しております。
ぜひほかの級もご覧ください。