書籍

作りおきできる減塩おかず

作りおきできる減塩おかず

■検見崎聡美/著
■978-4-7895-1912-0
■A5判 148mm×210mm 112ページ
■定価:1400円+税
■発行年月:2019年10月

商品説明

本書の「塩分控えめ」レシピは「減塩(塩を減らす)」ではなく、食材が持つ本来の味を最大限に生かすことを第一に考えています。意外な味の発見や、新しい味との出会いが多数のため、編集担当者の実食レポート付きです。

目次

減塩×作りおきのポイント1 しっかり加熱する
減塩×作りおきのポイント2 塩分に頼らないボケない味つけ
減塩×作りおきのポイント3 数日後もおいしいくふう

Part1 肉のおかず
肉は少量の塩でももの足りなさを感じにくく、減塩しやすい食材です。さらにハーブや香辛料を駆使して調味料を最小限にし、低塩でも満足できる味を追求しました。

Part2 魚のおかず
海水由来の塩を含む魚には、じつは舌で感じる以上に塩けが含まれています。酢やスパイスを使いこなして、魚本来の塩味やうま味を生かした料理をご紹介します。

Part3 大豆製品・卵のおかず
豆腐や厚揚げ、卵はそれ自体の味が淡泊なため、塩やしょうゆなどに味つけを頼りがちです。酸味や辛味をきかせた減塩おかずのバリエーションを考えました。

Part4 野菜・芋のおかず
野菜と芋は、素材自体が持つやさしい甘味やうま味をいかに生かすかがポイントです。素材の味がダイレクトに出るので、野菜はできるだけ新鮮なものを使うようにしましょう。

Part5 きのこ・豆・海藻のおかず
きのこや豆、海藻は、野菜とは異なる食感や味わいを楽しめます。1年じゅう手に入りやすく、比較的価格も安定した食材なので、減塩レシピのレパートリーがあると安心です。

Part6 作りおきおかずで献立
1食あたり塩分0.2~0.7g。この本でご紹介している作りおきおかずを組み合わせた減塩献立です。

栄養成分値一覧

ちら読み