書籍

胃腸手術後の人の食事

胃腸手術後の人の食事

■河村一太・吉田千恵子・小川久惠/共著
■978-4-7895-1821-5
■A5判 148mm×210mm 144ページ
■定価:1200円+税
■発行年月:2005年3月

商品説明

胃や腸などの消化器の手術を受けた人や、その家族の退院後の不安の一つは、食生活の大きな変化です。

食道、胃・十二指腸、腸、肝臓、胆のう、膵臓の代表的な疾病や手術法を解説し、食事の進め方や、1日1400、1600、1800kcalの献立と、消化のよい一品料理などを紹介します。

目次

  • 消化器手術後の病態と治療
    • 消化と吸収
    • 消化器の病態
    • 診断のための検査法とその機器
    • 消化器の手術
    • 内視鏡を使用しての手術
    • 手術後の病態
    • 手術後の病態から見た食事療法の基本
  • 胃腸手術後の人の食事
    • 食事の進め方
    • 一日にとりたい食事量と食品の選び方
    • 症状別の悩み対策
    • 嗜好の変化
  • 一日献立・一品料理集