書籍

佐々木敏のデータ栄養学のすすめ

佐々木敏のデータ栄養学のすすめ

■佐々木敏/著
■978-4-7895-5449-7
■A5判 148mm×210mm 368ページ
■定価:2600円+税
■発行年月:2018年2月

商品説明

氾濫し混乱する「食と健康」の情報を整理する

野菜「1日350g」の根拠はどこにあるのか?
夏バテに豚しゃぶサラダのナゾ
低糖質ダイエットの魅力と問題点…

栄養疫学のスペシャリストが、「科学的根拠に基づく栄養学」で「食と健康」の真実にせまります。

大好評の「佐々木敏の栄養データはこう読む! 」の第2弾!

目次

第1章 健康的な食事?その舞台裏に真実を探る
プロローグ:「モンゴル」赤い食べ物と白い食べ物
◇野菜-「1日に350g」の根拠はどこにあるのか? ほか

第2章 ビタミン 不安と誤解の根拠を探る
プロローグ:メキシコ・マラウイ・アメリカ南部”とうもろこしの光と影
◇ビタミンA-夜盲症とヒマラヤの白い目玉焼き ほか

第3章 無機物(ミネラル) 過剰反応と無関心の構造
プロローグ:「バングラデシュ」赤い井戸とヒ素汚染
◇カドミウムとヒ素-日本のお米は危ないか? ほか

第4章 炭水化物・糖 伝統と流行と科学のはざまで
プロローグ:「ペルー」インカの本当の黄金
◇低糖質ダイエット-糖尿病の予防と管理に有効か? ほか

第5章 データ栄養学の時代 「事実」は「思う」よりも重い
プロローグ:「ギリシャ」地中海食はなぜ世界の健康食になれたのか?
◇「思う」より「事実」-減塩パンはおいしくないか?そして、売れないか? ほか